• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯が具体的な目標に リハビリから復活の内田篤人に聞く

 右膝蓋腱の炎症に長期間、悩まされてきたDF内田篤人は、16年12月のEL(欧州リーグ)のザルツブルク戦で1年9カ月ぶりの公式戦復帰を果たした。しかし、昨シーズンのプレー機会はその1試合のみ。独ブンデスリーガ出場は、15年3月から2年以上、遠ざかっている。所属するシャルケは今オフ、31歳のテデスコ新監督が就任。内田は2歳年上(!)の指揮官の下で完全復活を期することになる――。

「(ブンデスリーガ1部で昨シーズン4位の)ホッフェンハイムの(30歳のナーゲルスマン)監督も、若くして来シーズンのCL(欧州チャンピオンズリーグ)で采配を振る。世界的に監督が若くなり始めてるのかなって気はしてる。毎年シャルケも監督が代わってるけど、一緒に戦っていきたい」と10年夏から6年半、在籍した経験値を生かして同世代監督と共闘体制を築くつもりだ。

「(右膝が)去年のような感じだったら、自分がちゃんと(トレーニングを)すればイケるんじゃないか?という手応えはある。ただ、長くケガをしたので(来シーズンの)チーム構想に入ってなかったら、それはしょうがない。(ブンデスリーガの)開幕まで1カ月。(自分自身の立ち位置の)見極めが肝心。練習に行っても、チームメートに(同じように)動けない選手もいっぱいいる。それが自分なのか? 違うのか? 厳しいけど、そこはちゃんと見ないといけない」と現実を直視しながら、場合によっては「移籍も視野に入れる」構えだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る