W杯が具体的な目標に リハビリから復活の内田篤人に聞く

公開日: 更新日:

 右膝蓋腱の炎症に長期間、悩まされてきたDF内田篤人は、16年12月のEL(欧州リーグ)のザルツブルク戦で1年9カ月ぶりの公式戦復帰を果たした。しかし、昨シーズンのプレー機会はその1試合のみ。独ブンデスリーガ出場は、15年3月から2年以上、遠ざかっている。所属するシャルケは今オフ、31歳のテデスコ新監督が就任。内田は2歳年上(!)の指揮官の下で完全復活を期することになる――。

「(ブンデスリーガ1部で昨シーズン4位の)ホッフェンハイムの(30歳のナーゲルスマン)監督も、若くして来シーズンのCL(欧州チャンピオンズリーグ)で采配を振る。世界的に監督が若くなり始めてるのかなって気はしてる。毎年シャルケも監督が代わってるけど、一緒に戦っていきたい」と10年夏から6年半、在籍した経験値を生かして同世代監督と共闘体制を築くつもりだ。

「(右膝が)去年のような感じだったら、自分がちゃんと(トレーニングを)すればイケるんじゃないか?という手応えはある。ただ、長くケガをしたので(来シーズンの)チーム構想に入ってなかったら、それはしょうがない。(ブンデスリーガの)開幕まで1カ月。(自分自身の立ち位置の)見極めが肝心。練習に行っても、チームメートに(同じように)動けない選手もいっぱいいる。それが自分なのか? 違うのか? 厳しいけど、そこはちゃんと見ないといけない」と現実を直視しながら、場合によっては「移籍も視野に入れる」構えだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る