• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯が具体的な目標に リハビリから復活の内田篤人に聞く

 右膝蓋腱の炎症に長期間、悩まされてきたDF内田篤人は、16年12月のEL(欧州リーグ)のザルツブルク戦で1年9カ月ぶりの公式戦復帰を果たした。しかし、昨シーズンのプレー機会はその1試合のみ。独ブンデスリーガ出場は、15年3月から2年以上、遠ざかっている。所属するシャルケは今オフ、31歳のテデスコ新監督が就任。内田は2歳年上(!)の指揮官の下で完全復活を期することになる――。

「(ブンデスリーガ1部で昨シーズン4位の)ホッフェンハイムの(30歳のナーゲルスマン)監督も、若くして来シーズンのCL(欧州チャンピオンズリーグ)で采配を振る。世界的に監督が若くなり始めてるのかなって気はしてる。毎年シャルケも監督が代わってるけど、一緒に戦っていきたい」と10年夏から6年半、在籍した経験値を生かして同世代監督と共闘体制を築くつもりだ。

「(右膝が)去年のような感じだったら、自分がちゃんと(トレーニングを)すればイケるんじゃないか?という手応えはある。ただ、長くケガをしたので(来シーズンの)チーム構想に入ってなかったら、それはしょうがない。(ブンデスリーガの)開幕まで1カ月。(自分自身の立ち位置の)見極めが肝心。練習に行っても、チームメートに(同じように)動けない選手もいっぱいいる。それが自分なのか? 違うのか? 厳しいけど、そこはちゃんと見ないといけない」と現実を直視しながら、場合によっては「移籍も視野に入れる」構えだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る