トップ10から1人…米ツアーでビッグネーム大量欠場のワケ

公開日:  更新日:

 今週の米ツアー「クイッケンローンズ・ナショナル」はビッグネームが不在だ。世界ランク1位D・ジョンソン、2位松山英樹、3位J・スピースはもちろん、トップ10で出場するのは9位R・ファウラーだけ。WR50位以内では39選手も欠場する。シード権獲得に厳しい状況が続く石川遼も出場しない。

 大会入場料収入の一部がタイガー・ウッズ基金に寄付されることから、今大会ホストはタイガー・ウッズが務めるが、タイガーもケガでツアーを離脱しており、試合には出場しない。

 すっかり谷間の試合になってしまったが、それも主だった選手が次のメジャー、全英オープンに向けてすでに調整に入っているからだ。

 会場のTPCポトマック・アット・アベニール(メリーランド州)は、06年までケンパー・オープンが開催されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る