国内ツアー初Vの今平周吾は“U-170”先輩プロ2人が目標

公開日:  更新日:

【関西オープン 最終日】

「今年は開幕から調子がいい。1勝といわず、何勝もできるように頑張りたい」と言ったのはツアー初優勝の今平周吾(24)だ。165センチ、60キロと小柄でも、ドライバーの飛距離は290ヤード以上。思い切りのいいゴルフで初日から首位を守り、通算9アンダーで2位に6打差をつけての圧勝だった。

 今平が初優勝に満足していないのは当然だ。公私にわたって世話になっている谷口徹(49)と藤田寛之(47)も、170センチに満たない身長でも、ツアーで19勝と18勝を挙げている。マスターズにも出場しており、国内ツアーを引っ張ってきた大ベテランだ。

 身長が低いことは、国内ツアーで勝てないことの言い訳にはならない。埼玉栄高1年で出場した08年の日本ジュニアでは1学年上の松山英樹を抑えて優勝。高校を中退して、錦織圭も在籍した米国のIMGアカデミーで2年間指導を受けた。夢は東京五輪の代表と米ツアー参戦という今平。確かにツアー1勝ぐらいで終わるわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る