入門3年目で初金星 北勝富士は現役きっての理論派力士

公開日:

 今場所3日目は横綱初挑戦にして、鶴竜を撃破。デビューから15場所目での金星は、幕下付け出しを除けば14場所目の小錦(元大関)に次ぐ、史上2位のスピード。日本人力士限定では、1991年の貴花田(当時=元横綱貴乃花)の20場所目を塗り替える最速記録だ。今場所は大関高安も餌食にし、1横綱2大関を破る活躍を見せている。

 埼玉県生まれで入間市の相撲道場出身。当時から「将来は横綱になる」という夢を抱いており、相撲強豪校の埼玉栄高、日体大を経て、2015年に八角部屋に入門した。

 大学2年時に学生横綱になり、幕下付け出しの資格を得るも卒業を優先。15年3月場所に前相撲でデビューした。それからはトントン拍子に出世を重ね、十両もわずか2場所で通過。昨年11月場所に新入幕を果たした。

 角界では「今の相撲のまま順調に成長すれば、間違いなく大関、横綱になれる逸材」と言われている。学生相撲出身者にありがちな小手先の相撲ではなく、正統派の押し相撲。かといって突き押しだけの力士ではなく、大学時代は四つ相撲も得意だった。前みつを取って前に出る相撲には定評がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る