来日前から貴乃花に心酔 貴ノ岩がひと皮むけた理由

公開日:

 国産力士にこだわっていた貴乃花部屋で、唯一のモンゴル人力士。それだけに08年の入門当時は「日本人力士を育てられないから、すぐに出てきそうなモンゴル人力士を獲得したんじゃないか」といわれていたが……。

「実際はそうではない。貴ノ岩は『将来は相撲取りになる』という夢を抱いて、16歳で相撲強豪校の鳥取城北高校に留学。母国にいる時から、憧れの力士は貴乃花だった。さらに鳥取城北高校は毎年、貴乃花部屋で合宿をしていた縁もあって、入門した」(角界関係者)

 8歳で母を、来日して3カ月後に父も病で亡くしたという苦労人だ。それでも寡黙に努力を続け、入門4年目の12年7月場所で十両に昇進。貴乃花親方が育てた力士として、初の関取となった。

 しかし、十両で足踏み。14年1月場所で新入幕を果たすも、その後は十両に3度転落した。昨年からは幕内に定着し、今年1月場所では白鵬を破って金星を挙げ、11勝4敗と好成績を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る