• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地位に恋々…? 2場所連続休場の鶴竜に欠けた横綱の潔さ

「厳しいことを言われても仕方ない。いい結果を出さないといけない。万全にして出たい」

 4日目の12日から休場した鶴竜(31)がこう言った。3日目の北勝富士との一番で右足首を痛め「右足関節外側靱帯損傷」と診断された。約3週間の安静加療を要するとの診断書を相撲協会に提出したが、これで鶴竜の休場は2場所連続7度目。14年5月場所で横綱に昇進後、実に6度目の「お休み」だ。

 さすがに師匠の井筒親方もまずいと思ったのだろう。次に出場する場所で進退を懸けることを明言したが、今すぐ引退するべきだ。

 鶴竜と比較するのもおこがましいが、昭和の名横綱栃錦は、昭和35年5月場所3日目が最後の取組となった。引退直前5場所の成績は、優勝2回に準優勝3回。「衰えてから辞めるのは本意ではない」という師匠(春日野親方=横綱栃木山)の教えを守り土俵を去った。その師匠も現役時代は、3場所連続優勝の翌場所に「今が華だから」と言ってスパッと引退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る