地位に恋々…? 2場所連続休場の鶴竜に欠けた横綱の潔さ

公開日:  更新日:

「厳しいことを言われても仕方ない。いい結果を出さないといけない。万全にして出たい」

 4日目の12日から休場した鶴竜(31)がこう言った。3日目の北勝富士との一番で右足首を痛め「右足関節外側靱帯損傷」と診断された。約3週間の安静加療を要するとの診断書を相撲協会に提出したが、これで鶴竜の休場は2場所連続7度目。14年5月場所で横綱に昇進後、実に6度目の「お休み」だ。

 さすがに師匠の井筒親方もまずいと思ったのだろう。次に出場する場所で進退を懸けることを明言したが、今すぐ引退するべきだ。

 鶴竜と比較するのもおこがましいが、昭和の名横綱栃錦は、昭和35年5月場所3日目が最後の取組となった。引退直前5場所の成績は、優勝2回に準優勝3回。「衰えてから辞めるのは本意ではない」という師匠(春日野親方=横綱栃木山)の教えを守り土俵を去った。その師匠も現役時代は、3場所連続優勝の翌場所に「今が華だから」と言ってスパッと引退した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る