巨人助っ人4人は“超優良” 鹿取GMは残留交渉が最大の任務

公開日: 更新日:

 巨人が17日、中日との後半戦開幕戦を勝利で飾った。先発のマイコラス(28)が、投げては7回を6安打1失点。「全ての球種が良かった。積極的に振ってくるので低めに集めた」と自画自賛すれば、打っては六回1死満塁から自ら中前に2点適時打を放ち、リーグ3位タイの8勝目(4敗)を挙げた。ヒーローインタビューでは「妻から幸運を呼ぶクッキーを作ってもらったおかげだね」と美人妻で有名なローレン夫人(29)の名前を出して白い歯を見せた。高橋由伸監督(42)も「粘り強く、いい投球をしてくれた。打つ方でもタイムリーを見せたし、あれで自分を楽にした」と称賛である。

 打の助っ人、三塁が本職のマギー(34)は、球宴前の最終戦に続いて、この日も「2番・二塁」で出場。2本の二塁打で打率を・299に上げてきた。今季加入し、村田とのレギュラー争いを制したマギーは、前半戦は正三塁手として打率3割をキープし、チームを牽引。5月には第87代4番に座った。打線強化のため、急造二塁手として出場するが、慣れない守備も無難にこなす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  5. 5

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る