巨人助っ人4人は“超優良” 鹿取GMは残留交渉が最大の任務

公開日:

 巨人が17日、中日との後半戦開幕戦を勝利で飾った。先発のマイコラス(28)が、投げては7回を6安打1失点。「全ての球種が良かった。積極的に振ってくるので低めに集めた」と自画自賛すれば、打っては六回1死満塁から自ら中前に2点適時打を放ち、リーグ3位タイの8勝目(4敗)を挙げた。ヒーローインタビューでは「妻から幸運を呼ぶクッキーを作ってもらったおかげだね」と美人妻で有名なローレン夫人(29)の名前を出して白い歯を見せた。高橋由伸監督(42)も「粘り強く、いい投球をしてくれた。打つ方でもタイムリーを見せたし、あれで自分を楽にした」と称賛である。

 打の助っ人、三塁が本職のマギー(34)は、球宴前の最終戦に続いて、この日も「2番・二塁」で出場。2本の二塁打で打率を・299に上げてきた。今季加入し、村田とのレギュラー争いを制したマギーは、前半戦は正三塁手として打率3割をキープし、チームを牽引。5月には第87代4番に座った。打線強化のため、急造二塁手として出場するが、慣れない守備も無難にこなす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る