10勝目でも崖っぷち マエケン「中継ぎ再降格」へ秒読み

公開日:

 ドジャース・前田健太(29)が1日(日本時間2日)のブレーブス戦に登板。7回を2安打、無失点、6三振、1四球で、2年連続の2ケタ勝利となる10勝目(4敗)をマークした。

 この日の前田は140キロ台後半の直球主体の投球でカウントを稼ぎ、序盤から危なげない投球を披露。四回まで無安打投球を続け、五回に5番フラワーズに初安打を許したものの、その後もつけ入る隙を与えない。球数が90球を超えても球威は落ちず、二塁を踏ませなかった。

 ダルの加入で尻に火が付いたような働きを見せたが、今後もローテーションに名を連ねるかは微妙な状況だ。

 今シーズンの前田は強力打線の援護を受けて勝ち星に恵まれているものの、42失点はチーム最多。カーショウ、マッカーシーと左右の両エースが故障で離脱したため、ローテーションの一角を任されているが、他の先発投手以上に安定感のある投球を続けない限り、中継ぎ再降格は時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る