10勝目でも崖っぷち マエケン「中継ぎ再降格」へ秒読み

公開日:

 ドジャース・前田健太(29)が1日(日本時間2日)のブレーブス戦に登板。7回を2安打、無失点、6三振、1四球で、2年連続の2ケタ勝利となる10勝目(4敗)をマークした。

 この日の前田は140キロ台後半の直球主体の投球でカウントを稼ぎ、序盤から危なげない投球を披露。四回まで無安打投球を続け、五回に5番フラワーズに初安打を許したものの、その後もつけ入る隙を与えない。球数が90球を超えても球威は落ちず、二塁を踏ませなかった。

 ダルの加入で尻に火が付いたような働きを見せたが、今後もローテーションに名を連ねるかは微妙な状況だ。

 今シーズンの前田は強力打線の援護を受けて勝ち星に恵まれているものの、42失点はチーム最多。カーショウ、マッカーシーと左右の両エースが故障で離脱したため、ローテーションの一角を任されているが、他の先発投手以上に安定感のある投球を続けない限り、中継ぎ再降格は時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る