もう稽古再開 焦る稀勢の里を待つ怪我の連鎖と「引退」

公開日: 更新日:

 そうまでして力士寿命を縮めたいのか。

 7月31日から稽古を再開した横綱稀勢の里(31)。田子ノ浦部屋で報道陣を閉め出し、四股など軽い稽古で汗を流しているという。

 稀勢の里は新横綱として迎えた3月場所こそ賜杯を抱いたものの、5、7月は2場所連続途中休場。金星を計4個も配給し、休場届を提出した。さらに7月場所では「左足関節靱帯損傷で全治3週間」と新たなケガも増えた。

 昇進後は大した成績を残せず、休場ばかり。稀勢の里が焦るのも理解できるが、早くも稽古再開となれば、よぎるのは3場所連続途中休場の可能性だ。

 ある相撲記者は「先場所前もそうだった」と、こう続ける。

「本格的な稽古を再開する前に、非公開で始動。先場所とまったく同じ流れです。今回の夏巡業も途中から参加する意向だというし、おそらく9月場所も『今度こそは』とばかりに強行出場するでしょうね。出場する意思があるからこそ、『こんな状態の稽古を人に見せられない』と非公開にしている。9月場所を休場する気ならば『段階を踏んで徐々に……』と割り切れるので、何も人目をはばかる必要がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る