夏巡業復帰も満身創痍 横綱・日馬富士に迫る引退の二文字

公開日:

 横綱のドミノ倒しもあるかもしれない。

 10日の地元茨城県の興行から、夏巡業復帰が決まった横綱稀勢の里。しかし、左上腕と左胸、左足のケガを抱えており、状態はいまだ不安。さらに鶴竜は両足首のケガが尾を引き、9月場所の結果次第では、引退を勧告される可能性もある。

 そしてこの横綱も限界が近い。それが昨8日から夏巡業に復帰した日馬富士(33)だ。

 先場所は11勝4敗と皆勤したものの、左ヒジの炎症が治まらず、夏巡業の序盤は欠席。しかし、復帰できたからといって安心するわけにもいかない。

 ある角界関係者は「日馬富士の体はもう限界ですよ」と、こう続ける。

「左ヒジは炎症があろうがなかろうが、常に痛みを抱えており、痛み止めがなくては真っすぐに伸ばせない。内視鏡手術も検討していたほどです。仮にメスを入れたとしても、いくら早期復帰が可能な内視鏡だからといってすぐに万全の状態に戻るわけではない。日馬富士は両足にも爆弾を抱えるなど満身創痍。術後に左ヒジをかばって下半身に負担をかけようものなら、それこそ一気に崩れかねない。33歳という年齢もあり、ケガを完治させた上で状態を万全にする余裕がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る