夏巡業復帰も満身創痍 横綱・日馬富士に迫る引退の二文字

公開日: 更新日:

 横綱のドミノ倒しもあるかもしれない。

 10日の地元茨城県の興行から、夏巡業復帰が決まった横綱稀勢の里。しかし、左上腕と左胸、左足のケガを抱えており、状態はいまだ不安。さらに鶴竜は両足首のケガが尾を引き、9月場所の結果次第では、引退を勧告される可能性もある。

 そしてこの横綱も限界が近い。それが昨8日から夏巡業に復帰した日馬富士(33)だ。

 先場所は11勝4敗と皆勤したものの、左ヒジの炎症が治まらず、夏巡業の序盤は欠席。しかし、復帰できたからといって安心するわけにもいかない。

 ある角界関係者は「日馬富士の体はもう限界ですよ」と、こう続ける。

「左ヒジは炎症があろうがなかろうが、常に痛みを抱えており、痛み止めがなくては真っすぐに伸ばせない。内視鏡手術も検討していたほどです。仮にメスを入れたとしても、いくら早期復帰が可能な内視鏡だからといってすぐに万全の状態に戻るわけではない。日馬富士は両足にも爆弾を抱えるなど満身創痍。術後に左ヒジをかばって下半身に負担をかけようものなら、それこそ一気に崩れかねない。33歳という年齢もあり、ケガを完治させた上で状態を万全にする余裕がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る