厳冬更改必至も 巨人助っ人“3M”契約延長なら総額いくら

公開日:

 16日のヤクルト戦に快勝した巨人だが、3位DeNAとの差は4ゲームのBクラス。球団ワーストの13連敗を記録するなど大恥をさらした今季は、なんとかCS圏内に滑り込んだうえに日本シリーズ出場の下克上を成し遂げない限り、オフの厳冬更改は必至である。

「このまま終わってしまったら、仮に個人成績は上がっていても、それを交渉材料に年俸をアップしてくれなんて言える雰囲気になりませんよ」と、ある選手。ナインも覚悟しているようなのだが、「彼らだけは別でしょう」と話を引き取ったチーム関係者が続ける。

「マイコラス(28)、マシソン(33)、マギー(34)の投打の主力3助っ人は、いずれも今季限りで契約が切れる。今のチーム状態では、彼らを抜きにしては来季の計算が立たない。特にマイコラスとマシソンはメジャー復帰を示唆しているだけに、契約を延長するには相当のカネを積まなければならないですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る