• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

厳冬更改必至も 巨人助っ人“3M”契約延長なら総額いくら

 16日のヤクルト戦に快勝した巨人だが、3位DeNAとの差は4ゲームのBクラス。球団ワーストの13連敗を記録するなど大恥をさらした今季は、なんとかCS圏内に滑り込んだうえに日本シリーズ出場の下克上を成し遂げない限り、オフの厳冬更改は必至である。

「このまま終わってしまったら、仮に個人成績は上がっていても、それを交渉材料に年俸をアップしてくれなんて言える雰囲気になりませんよ」と、ある選手。ナインも覚悟しているようなのだが、「彼らだけは別でしょう」と話を引き取ったチーム関係者が続ける。

「マイコラス(28)、マシソン(33)、マギー(34)の投打の主力3助っ人は、いずれも今季限りで契約が切れる。今のチーム状態では、彼らを抜きにしては来季の計算が立たない。特にマイコラスとマシソンはメジャー復帰を示唆しているだけに、契約を延長するには相当のカネを積まなければならないですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る