7月の見切り発車が裏目 ハム大谷“二刀流”本格復帰はいつ

公開日:

 大谷翔平(23=日本ハム)が、投打で躍動するのはいつになるのか。

 2日のロッテ戦は3打数1安打。ここ6試合は毎試合安打を放っているが、得点圏打率は.125。本塁打はまだ、たったの3本だ。

 それでも打率は.299。打つ方はともかくとして、肝心な投手としての復帰にメドが立っていない。7月12日のオリックス戦で1回3分の1を投げて以降、本格的なブルペン投球は一度もやっていないのだ。

「たいした投げ込みもしないまま、二刀流復帰をせいて7月12日に見切り発車で投げさせたのが裏目に出たのですよ」と、あるOBがこう続ける。

「左太もも肉離れは完治しましたが、右足首は不安を抱えたまま。つまり下半身強化が十分でないにもかかわらず、投げ込みを数回やっただけで、いきなり実戦登板させたのです。ストライクが入らずに4失点とボロボロだったのは無理もありません。いまは投手として投げられる体を一からつくり直している段階。投手としての完全復帰は、当初の予定より大幅に遅れて、9月下旬になるかもしれないと聞きました。最初から、野手としての練習はある程度犠牲にし、投手としての調整を丁寧にやっていれば、9月上旬には先発として復帰できたと思いますけどね」

 9月下旬と言えば、シーズン終了直前。急がば回れというが、二刀流復帰を急いだがゆえに、投手としての大谷は今季中に見られない可能性もあるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る