7月の見切り発車が裏目 ハム大谷“二刀流”本格復帰はいつ

公開日: 更新日:

 大谷翔平(23=日本ハム)が、投打で躍動するのはいつになるのか。

 2日のロッテ戦は3打数1安打。ここ6試合は毎試合安打を放っているが、得点圏打率は.125。本塁打はまだ、たったの3本だ。

 それでも打率は.299。打つ方はともかくとして、肝心な投手としての復帰にメドが立っていない。7月12日のオリックス戦で1回3分の1を投げて以降、本格的なブルペン投球は一度もやっていないのだ。

「たいした投げ込みもしないまま、二刀流復帰をせいて7月12日に見切り発車で投げさせたのが裏目に出たのですよ」と、あるOBがこう続ける。

「左太もも肉離れは完治しましたが、右足首は不安を抱えたまま。つまり下半身強化が十分でないにもかかわらず、投げ込みを数回やっただけで、いきなり実戦登板させたのです。ストライクが入らずに4失点とボロボロだったのは無理もありません。いまは投手として投げられる体を一からつくり直している段階。投手としての完全復帰は、当初の予定より大幅に遅れて、9月下旬になるかもしれないと聞きました。最初から、野手としての練習はある程度犠牲にし、投手としての調整を丁寧にやっていれば、9月上旬には先発として復帰できたと思いますけどね」

 9月下旬と言えば、シーズン終了直前。急がば回れというが、二刀流復帰を急いだがゆえに、投手としての大谷は今季中に見られない可能性もあるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る