• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元近鉄の天理・中村監督に聞く “プロ経験者”の高校野球論

 4年前、「プロアマ規定」の緩和で教員免許なしでもプロ野球経験者が高校野球の指導者になれることになった。18日に登場する天理(奈良)で指揮を執る中村良二監督(49)もそのひとり。1986年夏に天理の主将として全国制覇を経験し、ドラフト2位で近鉄に入団。97年に阪神で引退後は、藤井寺シニアや天理大学で指導した。プロ経験者が教える野球とは。

■引退後はアルバイトを3つ掛け持ち

 ――プロ出身の指導者は現役時代の年俸(最終年は800万円)とのギャップに驚くといわれていますが。

「僕は(現役を)辞めてすぐ定職に就けず、月~金曜まで朝8時半から夕方5時まで大阪で遺跡の発掘調査の仕事をしていました。日当1万円くらいはもらっていましたね。土日だけ少年野球を見て、その仕事をしながら、週3日はローソンで夜勤をしていました。野球用品を売っている時期も2年くらいあった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事