• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武菊池にまた不可解“反則投球” 曖昧判定に批判の声続々

 また、取られた。

 24日、西武の菊池雄星(26)が2試合連続で2段モーションによる不正投球が宣告された。

 初回、ソフトバンクの先頭打者の川島への1球目で空振りを取ったが、これが2段モーションとされ、判定はボール。その後はセットポジションで投げたものの、動揺が収まらなかったのか、柳田の適時打、デスパイネの2ランで瞬く間に3点を失った。さらに二回も今宮の3ランなどで4失点と序盤で大炎上。3回7失点でKOされた。

 菊池は17日の楽天戦で、2段モーションを取られたばかり。この時は2イニング目に入って突然、指摘されるという不可解な判定だった。

 確かに菊池のワインドアップは2段モーションを取られてもおかしくない。右足が一瞬止まるようになったのは、今季5月あたりから。しかし、今月3日に国内の左腕最速158キロを計測した時も、同じモーションだった。それがこの終盤戦になって、これまでは一切おとがめなしだったフォームにいきなりダメ出しされたのでは現場は混乱。菊池が、「なぜ今なのか」と憤慨したのも無理はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る