メジャー初V逃す…松山英樹全米プロ最終日“失速”の原因

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ 最終日】

 悲願のメジャータイトルが消えた松山英樹(25)の目は真っ赤だった。

 首位に1打差、6アンダーの2位タイでスタートした松山は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダー、5位タイに終わった。優勝は松山と同組でプレーしたJ・トーマス(24)。通算8アンダーでメジャー優勝を成し遂げた。

 松山は前半で1つスコアを伸ばし、7アンダーで4選手が並ぶトップタイで折り返す。10番で7メートルのバーディーパットを沈めて8アンダー。通算8アンダーで単独トップに立った。

 ところが、この先に悲劇が待っていた。11番で1.5メートルのパーパットを外すと、12番はグリーン奥からのアプローチを「チャックリ」。13番もグリーンを外し、アプローチが寄らず3連続ボギー。これで意気消沈するかと思いきや、14、15番で取り返し、首位のトーマスに1打差まで迫るも、「グリーン・マイル」と呼ばれる難易度の高い上がり3ホールのわなに泣く。16番は第1打を右に曲げ、ラフからの第2打もグリーン左奥にこぼし、1.5メートルのパーパットはカップを半周して外へ。18番も第1打が左のクリークにつかまりボギー。この日は、1月のトーナメント・オブ・チャンピオンズ最終日で同じペアリングだったトーマスの「引き立て役」に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る