• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー初V逃す…松山英樹全米プロ最終日“失速”の原因

【全米プロゴルフ 最終日】

 悲願のメジャータイトルが消えた松山英樹(25)の目は真っ赤だった。

 首位に1打差、6アンダーの2位タイでスタートした松山は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダー、5位タイに終わった。優勝は松山と同組でプレーしたJ・トーマス(24)。通算8アンダーでメジャー優勝を成し遂げた。

 松山は前半で1つスコアを伸ばし、7アンダーで4選手が並ぶトップタイで折り返す。10番で7メートルのバーディーパットを沈めて8アンダー。通算8アンダーで単独トップに立った。

 ところが、この先に悲劇が待っていた。11番で1.5メートルのパーパットを外すと、12番はグリーン奥からのアプローチを「チャックリ」。13番もグリーンを外し、アプローチが寄らず3連続ボギー。これで意気消沈するかと思いきや、14、15番で取り返し、首位のトーマスに1打差まで迫るも、「グリーン・マイル」と呼ばれる難易度の高い上がり3ホールのわなに泣く。16番は第1打を右に曲げ、ラフからの第2打もグリーン左奥にこぼし、1.5メートルのパーパットはカップを半周して外へ。18番も第1打が左のクリークにつかまりボギー。この日は、1月のトーナメント・オブ・チャンピオンズ最終日で同じペアリングだったトーマスの「引き立て役」に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る