パットに悩む松山 マレットパターへの「浮気」は吉か凶か

公開日:  更新日:

【WGCブリヂストン招待】

 今大会、松山英樹(25)がピンタイプのエースパターを封印し、マレットパターを使って注目されている。

 広大な米国はゴルフ場によって芝質が異なり、グリーン上のタッチも試合ごとに変わる。パットにやや難のある松山にとってマレットタイプに変えたことがどうプレーに影響するのか。マレット型はピン型より慣性モーメントが高く、直進性に優れているため強めにヒットできる。芝目がきつかったり、降雨でボールの転がりが遅く、重いグリーンに向いている。

 プロ、アマ問わず、「浮気」して違うパターを使った後、エースパターに戻すとパッティングの感覚が冴えるメリットがあるという。

 翌週の全米プロでどのパターを使うのか? 松山本人はまだ決めてはいないだろうが、マレットタイプからピン型に戻すことは必ずしも悪いことではない。雨天のこの日とは対極の高速グリーンならなおさらだ。

 パッティングはスコアに直結するだけに、ファンにとっては気になるところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る