ヤクルト真中監督退任 “後任有力”高津二軍監督は課題山積

公開日:

 22日の阪神戦前、神宮球場のグラウンドで報道陣の取材に応じたヤクルトの真中満監督(46)は、「しっかり相談し、今季限りで辞任するということで決定しました」と自ら退任を発表した。

 就任1年目の15年に前年最下位のチームをリーグVに導いた手腕を評価する球団からは続投要請を受けたものの、「精いっぱいやったが、結果が出なかった」とこれを固辞。「正直、来季1年やらせてもらっても、なかなか厳しいなという判断。ボクが勝つ自信がない。そんな中で引き受けても失礼だと思う」と正直すぎる辞任会見になった。

 といっても、21日時点で借金33の最下位に沈むチーム力に絶望したわけでも、自暴自棄になったわけでもない。現に開幕前には「若くて楽しみな若手が二軍にもいっぱいいるんだよ」と15年ドラフト3位左腕・高橋奎二らの名前を指折り数えながら挙げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る