大野の放出もある? 中日に今オフ「トレードの嵐」が吹く

公開日:

 チーム内からは、「大野だって危ないよ」という声も出ている。30日のDeNA戦に敗れ、5年連続Bクラスが現実味を増している中日。オフには森繁和監督(62)主導で粛清の嵐が吹き荒れ、2年連続開幕投手の大野雄大(28)の放出も十分にあり得る、というのだ。

「今春キャンプ前に、08年ドラフト2位で9年目を迎える伊藤準規(26)について『トレード寸前だった』と暴露した森監督は、他球団に太いパイプを持っている。コーチとして仕えていた落合監督時代もほとんどすべての補強を仕切っていたのは有名な話で、監督になった現在も実質的にGMを兼ねている。5年連続Bクラスとなれば、いよいよ大胆なテコ入れが必要不可欠と考えている。オフにこそ、森監督の剛腕が発揮されるのは間違いありません」(中日OB)

 チーム内のウワサに上る大野は先発したこの日の試合で5回5失点KO。今季5勝7敗、防御率4.55で、7勝10敗だった昨季に続く負け越しが濃厚だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る