トップに3差30号 孤軍奮闘バレ砲の意外なモチベーション

公開日:  更新日:

 らしい一発だった。7日のDeNA戦でヤクルトのバレンティン(33)が初回に先制3ラン。真ん中高めのチェンジアップを豪快に左翼スタンド中段まで運んだ。

 ヤクルトは大差の最下位に沈み、既に真中監督の退任も決定。チームとしての目標を失っている中で、主砲が2安打5打点と気を吐いた。

 今季のバレンティン、5月こそ打率3割台だったが、前半戦はエンジンがかからず、6月8日に右太もも裏の肉離れで離脱。しかし、約3週間で復帰すると、チームの低迷をよそに猛チャージを見せている。月間11本塁打を放った7月に続き、8月も9本塁打と量産。9月に入っての1本目となるこの日の一発で今季30号とし、リーグのトップに立つ中日のゲレーロに3本差と迫った。

 オランダ代表として出場した3月のWBCで大活躍。7試合で打率.615、4本塁打、12打点と結果を出して、メジャー復帰への思いを口にした。それがモチベーションのひとつになっているのは確かだが、7月からの大爆発にはもうひとつ理由があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る