琴欧洲勝紀
著者のコラム一覧
琴欧洲勝紀大相撲元大関

本名は安藤カロヤン。帰化前の本名はカロヤン・ステファノフ・マハリャノフ。1983年2月、旧ブルガリア人民共和国出身。佐渡ケ嶽部屋に入門し、2004年9月場所で新入幕。06年1月場所から大関に昇進し、08年5月場所で初優勝を果たした。14年に引退した後は佐渡ケ嶽部屋の部屋付親方を務めていた。幕内通算466勝322敗63休。大関在位47場所は歴代4位。現役時代は202センチ、157キロの巨躯で、右四つ、上手投げを得意とした。

三段目に上がると携帯電話より先に中古パソコンを買った

公開日:
教習所時代の鳴戸親方(C)共同通信社

 大相撲では十両から「関取」と呼ばれるようになる。鳴戸親方も言うように、関取とそれ以下では、まさに天国と地獄だ。

 力士が給料をもらえるようになるのは十両以上。その額は月給約103万円。年収にして約1236万円もの収入だ。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る