• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

競合必至の清宮は回避か 広島ドラフト指名の評価基準とは

「早実の清宮がプロ入りを表明しても、回避するんじゃないか」

 広島のチーム周辺ではこんな声が出ている。広島OBがこう解説する。

「清宮の人気、実力は申し分ないが、広島の選手を評価する基準にはあまり合わないように感じます。広島は足や肩を含めた身体能力が高く、体の強さがある選手を指名する傾向がある。レギュラーの鈴木、菊池、丸、田中らはみなそうです。さらに、広島の12球団屈指の厳しい練習に耐えられる体力、精神力が備わっているかどうかも重視する。清宮は身体能力が抜群に優れているわけではない。早実は寮がなく、学業もおろそかにできない。清宮は限られた練習時間のなかで、ウエートなど科学トレーニングに取り組んでいますが、徹底した走り込みなどをこなして強靱な体力を身につけているとはいいがたい。広島野球に馴染めるか、不安が残ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る