競合必至の清宮は回避か 広島ドラフト指名の評価基準とは

公開日:

「早実の清宮がプロ入りを表明しても、回避するんじゃないか」

 広島のチーム周辺ではこんな声が出ている。広島OBがこう解説する。

「清宮の人気、実力は申し分ないが、広島の選手を評価する基準にはあまり合わないように感じます。広島は足や肩を含めた身体能力が高く、体の強さがある選手を指名する傾向がある。レギュラーの鈴木、菊池、丸、田中らはみなそうです。さらに、広島の12球団屈指の厳しい練習に耐えられる体力、精神力が備わっているかどうかも重視する。清宮は身体能力が抜群に優れているわけではない。早実は寮がなく、学業もおろそかにできない。清宮は限られた練習時間のなかで、ウエートなど科学トレーニングに取り組んでいますが、徹底した走り込みなどをこなして強靱な体力を身につけているとはいいがたい。広島野球に馴染めるか、不安が残ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る