• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲレーロ争奪戦も 米国不作で国内優良助っ人にバブル到来

「今オフは国内の優良助っ人が人気を博しそうです」

 メジャーに詳しいスポーツライターがこう言った。

「12球団は、今オフに備えたメジャー視察を一通り終えた。日本の球団が狙うのは、メジャーでは球速や球威、パワーが足りず、メジャー昇格のチャンスが少なくなった30歳前後のマイナー選手。真面目で手を抜かないという性格面はもちろん、投手ならそれなりの球速と制球力があるとか、野手なら打撃フォームにクセがないとか逆方向にも打てる選手が日本での活躍が見込めるのですが、そういった選手が非常に少ないというのです」

 海外の新助っ人候補が例年よりも“不作”なら、日本で活躍する助っ人選手の価値は上がる。

 オリックスが25本塁打を放つロメロ(28)らとサッサと契約を延長、ヤクルトも31本塁打のバレンティン(33)を残留させる方針なのはそんな背景があるからだ。13勝をマークする巨人のマイコラス(29)ら今年限りで契約が切れる優良助っ人は、例年以上に人気となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る