ゲレーロ争奪戦も 米国不作で国内優良助っ人にバブル到来

公開日:

「今オフは国内の優良助っ人が人気を博しそうです」

 メジャーに詳しいスポーツライターがこう言った。

「12球団は、今オフに備えたメジャー視察を一通り終えた。日本の球団が狙うのは、メジャーでは球速や球威、パワーが足りず、メジャー昇格のチャンスが少なくなった30歳前後のマイナー選手。真面目で手を抜かないという性格面はもちろん、投手ならそれなりの球速と制球力があるとか、野手なら打撃フォームにクセがないとか逆方向にも打てる選手が日本での活躍が見込めるのですが、そういった選手が非常に少ないというのです」

 海外の新助っ人候補が例年よりも“不作”なら、日本で活躍する助っ人選手の価値は上がる。

 オリックスが25本塁打を放つロメロ(28)らとサッサと契約を延長、ヤクルトも31本塁打のバレンティン(33)を残留させる方針なのはそんな背景があるからだ。13勝をマークする巨人のマイコラス(29)ら今年限りで契約が切れる優良助っ人は、例年以上に人気となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る