暫定首位キム・ヘリム 「日本は正直なコース多い」の真意

公開日: 更新日:

【日本女子オープン 初日】

 荒天のためスタート時間が大幅に遅れ、午後組の60選手がホールアウトできずに日没サスペンデッドになった初日。

 雨の影響でグリーンが軟らかくなり、ボールがよく止まったため、タフな設定で知られる本大会にしては午前組に好スコアが続出した。

 この日は初出場のキム・ヘリム(28)が7バーディー、ノーボギーの65で回り、暫定トップに立った。

 キムにとって日本ツアー2戦目。7月のサマンサタバサ女子は「優勝するために来日した」と2日目にトップに立つと、ただひとり2桁アンダーの通算11アンダーまでスコアを伸ばして楽々と逃げ切った。3日間でボギーは1つだけだった。

「サマンサタバサの時の良い記憶があり、楽な気持ちでショットを打てたので全体的に調子が良かった。日本のコースは正直なコースが多く、いい印象がある。ここは正直なコースなので良いプレーをしていきたい」(キム)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る