• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暫定首位キム・ヘリム 「日本は正直なコース多い」の真意

【日本女子オープン 初日】

 荒天のためスタート時間が大幅に遅れ、午後組の60選手がホールアウトできずに日没サスペンデッドになった初日。

 雨の影響でグリーンが軟らかくなり、ボールがよく止まったため、タフな設定で知られる本大会にしては午前組に好スコアが続出した。

 この日は初出場のキム・ヘリム(28)が7バーディー、ノーボギーの65で回り、暫定トップに立った。

 キムにとって日本ツアー2戦目。7月のサマンサタバサ女子は「優勝するために来日した」と2日目にトップに立つと、ただひとり2桁アンダーの通算11アンダーまでスコアを伸ばして楽々と逃げ切った。3日間でボギーは1つだけだった。

「サマンサタバサの時の良い記憶があり、楽な気持ちでショットを打てたので全体的に調子が良かった。日本のコースは正直なコースが多く、いい印象がある。ここは正直なコースなので良いプレーをしていきたい」(キム)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る