巨人4位確定の恥辱…今オフは昨年以上の「大補強」敢行か

公開日: 更新日:

 巨人があえなく終戦を迎えた。本拠地・東京ドーム最終戦となった1日の阪神戦。先発した田口が三回に3点を先制され後手に回ると、3点を追う九回に亀井、宇佐見の適時打で1点差まで迫るのがやっと。3位DeNAが勝ったため、2006年以来となる11年ぶりのBクラスが確定し、11年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。

 今季は球団史上最悪の13連敗を喫し、6月に堤GMが引責辞任するなど苦しいシーズンだった。試合後のセレモニーで高橋由伸監督(42)は「前半戦の苦しい戦いがあり、後半戦に入り、選手の頑張りでCS争いまできたけど、現実を受け止めて前に進んでいきたい」とファンに向けて挨拶した。

 嵐のオフが幕を開ける。さる球界関係者が言う。

「高橋監督は続投が決まっているが、チームはBクラスに沈んだわけで、誰も首脳陣が責任を取らないわけにはいかない。コーチ陣の入れ替えは当然ある。ユニホームを脱ぐ人もいるだろうし、大物を招聘するという声もあるが、スタッフより何より、再び大補強に走るともっぱらです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る