巨人4位確定の恥辱…今オフは昨年以上の「大補強」敢行か

公開日:  更新日:

 巨人があえなく終戦を迎えた。本拠地・東京ドーム最終戦となった1日の阪神戦。先発した田口が三回に3点を先制され後手に回ると、3点を追う九回に亀井、宇佐見の適時打で1点差まで迫るのがやっと。3位DeNAが勝ったため、2006年以来となる11年ぶりのBクラスが確定し、11年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。

 今季は球団史上最悪の13連敗を喫し、6月に堤GMが引責辞任するなど苦しいシーズンだった。試合後のセレモニーで高橋由伸監督(42)は「前半戦の苦しい戦いがあり、後半戦に入り、選手の頑張りでCS争いまできたけど、現実を受け止めて前に進んでいきたい」とファンに向けて挨拶した。

 嵐のオフが幕を開ける。さる球界関係者が言う。

「高橋監督は続投が決まっているが、チームはBクラスに沈んだわけで、誰も首脳陣が責任を取らないわけにはいかない。コーチ陣の入れ替えは当然ある。ユニホームを脱ぐ人もいるだろうし、大物を招聘するという声もあるが、スタッフより何より、再び大補強に走るともっぱらです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る