ゴルフの聖地で「61」 ギア進化でコース新連発の可能性

公開日:

【アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権】

 ゴルフの聖地ともいわれているセントアンドルーズ・オールドコース(7307ヤード・パー72)で行われていた欧州ツアー「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」最終日で、ロス・フィッシャー(36)が61のコースレコードをマーク。通算21アンダーで2位に入った。

 2008年1月から反発係数が0.830を超える高反発クラブはルール上、公式競技での使用が禁止された。同年のPGAツアーにおけるドライバー平均飛距離300ヤード超の選手は13人まで減ったが、用具の進化や筋力トレーニングなどにより昨季の同300ヤード超の者は43人まで増加。トップのマキロイは317.2ヤードを記録した。

 PGAは現在、7500ヤード前後の開催コースが多く、500ヤード超のパー4や650ヤード超のパー5もある。強風が吹き荒れることが前提でつくられたオールドコースは、風さえなければ距離が短く、深くて小さい名物のポットバンカーもハザードにはならない。

 セントアンドルーズのオールドコースができたのは1552年。世界で最も古いコースが誕生した時、ドライバーもボールもこんなに飛ぶ時代が来るとは、誰も予想しなかった。聖地では飛ばないクラブとボールでプレーさせなければ、プロが58や57のスコアを出すのは時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る