ゴルフの聖地で「61」 ギア進化でコース新連発の可能性

公開日: 更新日:

【アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権】

 ゴルフの聖地ともいわれているセントアンドルーズ・オールドコース(7307ヤード・パー72)で行われていた欧州ツアー「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」最終日で、ロス・フィッシャー(36)が61のコースレコードをマーク。通算21アンダーで2位に入った。

 2008年1月から反発係数が0.830を超える高反発クラブはルール上、公式競技での使用が禁止された。同年のPGAツアーにおけるドライバー平均飛距離300ヤード超の選手は13人まで減ったが、用具の進化や筋力トレーニングなどにより昨季の同300ヤード超の者は43人まで増加。トップのマキロイは317.2ヤードを記録した。

 PGAは現在、7500ヤード前後の開催コースが多く、500ヤード超のパー4や650ヤード超のパー5もある。強風が吹き荒れることが前提でつくられたオールドコースは、風さえなければ距離が短く、深くて小さい名物のポットバンカーもハザードにはならない。

 セントアンドルーズのオールドコースができたのは1552年。世界で最も古いコースが誕生した時、ドライバーもボールもこんなに飛ぶ時代が来るとは、誰も予想しなかった。聖地では飛ばないクラブとボールでプレーさせなければ、プロが58や57のスコアを出すのは時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る