ゴルフの聖地で「61」 ギア進化でコース新連発の可能性

公開日:

【アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権】

 ゴルフの聖地ともいわれているセントアンドルーズ・オールドコース(7307ヤード・パー72)で行われていた欧州ツアー「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」最終日で、ロス・フィッシャー(36)が61のコースレコードをマーク。通算21アンダーで2位に入った。

 2008年1月から反発係数が0.830を超える高反発クラブはルール上、公式競技での使用が禁止された。同年のPGAツアーにおけるドライバー平均飛距離300ヤード超の選手は13人まで減ったが、用具の進化や筋力トレーニングなどにより昨季の同300ヤード超の者は43人まで増加。トップのマキロイは317.2ヤードを記録した。

 PGAは現在、7500ヤード前後の開催コースが多く、500ヤード超のパー4や650ヤード超のパー5もある。強風が吹き荒れることが前提でつくられたオールドコースは、風さえなければ距離が短く、深くて小さい名物のポットバンカーもハザードにはならない。

 セントアンドルーズのオールドコースができたのは1552年。世界で最も古いコースが誕生した時、ドライバーもボールもこんなに飛ぶ時代が来るとは、誰も予想しなかった。聖地では飛ばないクラブとボールでプレーさせなければ、プロが58や57のスコアを出すのは時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る