• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフの聖地で「61」 ギア進化でコース新連発の可能性

【アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権】

 ゴルフの聖地ともいわれているセントアンドルーズ・オールドコース(7307ヤード・パー72)で行われていた欧州ツアー「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」最終日で、ロス・フィッシャー(36)が61のコースレコードをマーク。通算21アンダーで2位に入った。

 2008年1月から反発係数が0.830を超える高反発クラブはルール上、公式競技での使用が禁止された。同年のPGAツアーにおけるドライバー平均飛距離300ヤード超の選手は13人まで減ったが、用具の進化や筋力トレーニングなどにより昨季の同300ヤード超の者は43人まで増加。トップのマキロイは317.2ヤードを記録した。

 PGAは現在、7500ヤード前後の開催コースが多く、500ヤード超のパー4や650ヤード超のパー5もある。強風が吹き荒れることが前提でつくられたオールドコースは、風さえなければ距離が短く、深くて小さい名物のポットバンカーもハザードにはならない。

 セントアンドルーズのオールドコースができたのは1552年。世界で最も古いコースが誕生した時、ドライバーもボールもこんなに飛ぶ時代が来るとは、誰も予想しなかった。聖地では飛ばないクラブとボールでプレーさせなければ、プロが58や57のスコアを出すのは時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る