西武菊池に8戦全敗 楽天唯一の希望は則本の“火事場力”

公開日:  更新日:

 13日、CSファーストステージの前日練習を行った3位楽天にとって、初戦がまさに「クライマックス」。西武の先発は今季8連敗中とカモにされている菊池(26)だからだ。

 楽天がこの8試合で奪った得点はわずか9点、防御率0.82と相性は最悪なだけに、首脳陣、選手は攻略に頭を悩ませている。

 菊池から放った計31安打は5球団で最も多いことから、礒部打撃コーチは「打てないというけど、塁には出ることも多かった。練習ではケース打撃を徹底し、『3ボール1ストライク』ならボールを見極め、確実に塁を埋めるなど得点につなげたい。2段モーションを修正した後もそこまでの変化はないけど、クイックになるとフォームにばらつきが出るので、そこを狙って(盗塁などで)ワンチャンスをものにするしかない」と話す。

 選手も「追い込まれると厄介。追い込まれる前に早めに仕掛けることが大事」(藤田)、「カウントを取りにきた甘い球を確実に仕留めるしかない」(銀次)とは言うものの、一筋縄ではいかないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る