CS初戦先発か 阪神“故障明け”メッセと心中のギャンブル

公開日:

「メッセンジャーが間に合ったのは非常に大きい」

 阪神OBがこう言う。 14日に開幕する2位阪神と3位DeNAによるセのCSファーストステージ(甲子園)。DeNAよりも打線が落ちる阪神がファーストステージを突破するためには、守り勝つことが重要になるが、冒頭のOBは「初戦の先発が予想されるメッセは、故障明けの復帰戦(10日=対中日)から中3日での先発となる。金本監督はこのCSでメッセにフル回転してもらう算段でしょう」と言うのだ。

 阪神はドリス、マテオ、桑原、高橋、岩崎の「60試合クインテット(5人衆)」の強力救援陣を擁する一方、先発投手がコマ不足。チーム最多の12勝をマークした秋山も、2戦目の先発が予定されているものの、対DeNA戦は防御率5・48と相性が良くない。藤浪、岩貞はシーズンを通して不調で、計算が立ちそうなのはDeNA相手に防御率2・14と相性のいい能見くらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る