ヤンキース田中が圧巻の7回無失点…Wシリーズ進出に王手

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)が18日(日本時間19日)のア・リーグ優勝決定戦第5戦に登板。7回を3安打、8奪三振、無失点でポストシーズン2勝目をマーク。チームは09年以来8年ぶりのワールドシリーズ進出に王手をかけた。

 今シリーズ初戦は6回2失点で負け投手。前日の会見で「やり返したい」と話していた通り、アストロズの強力打線を手玉に取った。二回、先頭のグリエルに左翼線への二塁打を許したが、後続を低めの変化球で3つの内野ゴロに仕留める。2点リードの五回、1死一、二塁のピンチにも1番スプリンガーを外角直球で見逃し三振。続くレディックには低めの変化球でバットに空を切らせ、ホームを踏ませなかった。

 この日の田中は回を追うごとに調子を上げ、六、七回3者凡退で切り抜ける。今季、レギュラーシーズンでは不調が目立った田中に何かと手厳しかった地元ニューヨークのファンも、この好投にスタンディングオベーションで迎えた。

 相手のエースでサイ・ヤング賞左腕カイクルとの投げ合いも制した田中は「全ての球種が前回(第1戦)より良かった。今日は自分を褒めてあげたい」と珍しく冗舌だった。

 田中は、これまでレギュラーシーズンも含めて白星がなかった相手に、大舞台で借りを返した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る