3戦連続で完璧救援 ドジャース前田「PS絶好調」の理由

公開日: 更新日:

 今や勝利の方程式に欠かせない存在になってきた。

 ポストシーズンは本職の先発ではなくリリーフで起用されているドジャース・前田健太(29)。地区シリーズ、リーグ優勝決定戦とここまで3試合(計3イニング)を投げ、無安打無失点、4奪三振。9日のダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦ではダルビッシュ有(31)との日本人リレーも実現し、中継ぎながら2勝をマークしている。

 レギュラーシーズンでの対右打者への被打率は2割1分4厘と相性抜群だった。ポストシーズンでは「右打者キラー」としての期待に応える働きぶりだ。

 前田の好調の要因は持ち前の制球力に加え、先発時よりも球威が増していることが挙げられる。米野球データ専門サイト「ファングラフス」によれば、今季、前田の先発時の最速は91.8マイル(約147.9キロ)に対し、リリーフ登板時は93マイル(約149.7キロ)と2キロ近くも増しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る