3戦連続で完璧救援 ドジャース前田「PS絶好調」の理由

公開日:

 今や勝利の方程式に欠かせない存在になってきた。

 ポストシーズンは本職の先発ではなくリリーフで起用されているドジャース・前田健太(29)。地区シリーズ、リーグ優勝決定戦とここまで3試合(計3イニング)を投げ、無安打無失点、4奪三振。9日のダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第3戦ではダルビッシュ有(31)との日本人リレーも実現し、中継ぎながら2勝をマークしている。

 レギュラーシーズンでの対右打者への被打率は2割1分4厘と相性抜群だった。ポストシーズンでは「右打者キラー」としての期待に応える働きぶりだ。

 前田の好調の要因は持ち前の制球力に加え、先発時よりも球威が増していることが挙げられる。米野球データ専門サイト「ファングラフス」によれば、今季、前田の先発時の最速は91.8マイル(約147.9キロ)に対し、リリーフ登板時は93マイル(約149.7キロ)と2キロ近くも増しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る