PS2勝目のダル 来季以降は“5年140億円契約”が最低ライン

公開日:

 ドジャース・ダルビッシュ有(31)が17日(日本時間18日)、カブスとのリーグ優勝決定第3戦(シカゴ)に登板。

 初回、2番シュワーバーに先制本塁打を許したが、その後は持ち直す。四回には2死一、二塁のピンチを招いたが、後続を三振に仕留めて、つけ入る隙を与えない。五回までで5安打1失点、チームも6対1で勝利したため、勝利投手に。ドジャースはリーグ優勝に王手をかけた。

 今季終了後、2011年オフにレンジャーズと交わした総額46億円の6年契約が満了するダルにとって、ポストシーズンのマウンドはショーケースになる。投球内容次第でFA市場での価値が高まるからだ。

 ロサンゼルスの地元メディアなどの報道によれば、ドジャースはダルとの再契約を見送る方針とか。再契約には複数年の大型契約が必要になる。12年にレッドソックスからトレードで獲得しながら、ほとんど戦力にならなかったベケットら4選手の総額2億7000万ドル(約302億円)の長期契約が不良債権化した。その反省から、ド軍は長期の大型契約に慎重になっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

もっと見る