押し出し四球に喜び爆発 ダルは来季カブスの報復に要注意

公開日:

 ドジャースのダルビッシュ有(31)が投打にわたる活躍で、29年ぶりのワールドシリーズ進出に王手をかけた。

 投げては6回3分の1を6安打1失点で、ポストシーズン2勝目をマーク。打っては3―1の六回2死満塁の場面でストレートの押し出し四球を選び、ポストシーズン初打点を挙げた。

 ダルは審判から「四球」をコールされると、ガッツポーズこそ控えめながらも、貴重な追加点に興奮を抑えきれなかったのだろう。一塁に向かう際には何ごとか叫びながら、バットを地面に叩き付けて喜びを爆発させた。

 試合後のダルは「(六回の打席は)四球か死球が起きたらいいなと思っていた」と振り返ったが、今後はカブスとの因縁に発展しかねない。

 メジャーでは投手、野手とも派手に喜びを表すのはご法度。度が過ぎると、侮辱行為と取られ、報復の対象になるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る