CS5連投で決勝被弾…楽天・福山は“強靱すぎる肉体”がアダ

公開日:

「ミスターゼロ」が崩れた。

 20日のCSファイナルステージ第3戦、ソフトバンクと楽天の一戦はシーソーゲームとなった。先発の則本が7回5失点で降板。5―5のまま、楽天ベンチは中継ぎエースの福山博之(28)にスイッチした。

 福山といえば、今季開幕から36試合連続自責点ゼロ(防御率0.00)の記録を作った「ミスターゼロ」。計65試合に登板してわずか8失点でシーズンを終えた。

 勢いそのままに、CSでも中継ぎエースとして5試合に登板し、奮闘してきた。しかし、この日は「方程式」が崩れた。八回、2死一塁の場面で中村晃に勝ち越し2ランを打たれ、これが決勝点に。ソフトバンクに2勝2敗のタイに戻された。

 福山は昨季、69試合に登板。2年連続でフル回転できる源は、体の強さにあった。本人は、「1年間ケガなく過ごすことが第一。ケガをしないためにどうすればいいのかを考えて、日頃の準備を怠らないようにしている」と話す。タフさはチーム内では有名。若手投手よりも早く球場へ来て、熱心にトレーニングに励んでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る