また先頭打者弾…楽天・茂木がドラ3まで残っていたワケ

公開日: 更新日:

 プレーボールの余韻も冷めやらぬ初回、敵地福岡で痛烈な一発をお見舞いした。

 18日、「1番・遊撃」でスタメン出場した楽天茂木栄五郎(23)が、15日の西武戦に続くCS2本目の先頭打者弾。梨田監督が「あれが茂木の魅力。相手に強烈なインパクトを与え、チームを勢いづかせた」と言ったとおり、先発の塩見が6回1失点の好投。一発で試合の流れを引き寄せた。

 茂木は1年目の昨季から遊撃のレギュラーに定着すると、今季は右ヒジのケガで1カ月以上離脱しながら、17本塁打、47打点、打率.296と昨季以上の数字を残した。

 早大から15年ドラフト3位で入団。なぜ、これほどの選手が3位まで残っていたのか。

「ひとつは大学2年時に患った不整脈。現在は治っているが、多くの球団は『体調面で不安』と及び腰だった。大学時代は三塁手というのも、順位が上がらなかった要因。プロの三塁は強打者のポジション。171センチと小柄な茂木では難しいと判断された」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る