また先頭打者弾…楽天・茂木がドラ3まで残っていたワケ

公開日: 更新日:

 プレーボールの余韻も冷めやらぬ初回、敵地福岡で痛烈な一発をお見舞いした。

 18日、「1番・遊撃」でスタメン出場した楽天茂木栄五郎(23)が、15日の西武戦に続くCS2本目の先頭打者弾。梨田監督が「あれが茂木の魅力。相手に強烈なインパクトを与え、チームを勢いづかせた」と言ったとおり、先発の塩見が6回1失点の好投。一発で試合の流れを引き寄せた。

 茂木は1年目の昨季から遊撃のレギュラーに定着すると、今季は右ヒジのケガで1カ月以上離脱しながら、17本塁打、47打点、打率.296と昨季以上の数字を残した。

 早大から15年ドラフト3位で入団。なぜ、これほどの選手が3位まで残っていたのか。

「ひとつは大学2年時に患った不整脈。現在は治っているが、多くの球団は『体調面で不安』と及び腰だった。大学時代は三塁手というのも、順位が上がらなかった要因。プロの三塁は強打者のポジション。171センチと小柄な茂木では難しいと判断された」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  8. 8

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

  9. 9

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  10. 10

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る