10球団を呼びつけた面談目的は行きたくないところの淘汰

公開日: 更新日:

「30分が過ぎましたのでこれで……」

 ある球団のスカウトは、育成や施設に関する説明の最中に清宮サイドから面談終了を告げられ、重苦しい気持ちで部屋を後にした。

 清宮幸太郎とプロ10球団が早実高で面談を行ったのは、10月2日。清宮側は、本人、父・克幸氏、母・幸世氏、国定貴之野球部長が出席した。

「どのように選手を育成しているのか? 寮や二軍の施設はどうなっているのか?」

 克幸氏がリードして、くだんの球団に質問をぶつけた。その球団は、育成に問題点を抱えていた。過去に1位指名した野手も伸び悩んでいる。克幸氏はそうした育成面の不安をスカウトにぶつけたのだろう。

 前出のスカウトは額に汗がにじんだ。育成面の説明はもちろん、1位で指名する気持ちを誠心誠意伝えようとしたが、話の途中で冷水を浴びせられた形になった。「ウチには来たくないのではないか」と思わざるを得なかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る