巨人 ドラフト3位で狙う“隠し玉”は大阪ガスの捕手・岸田

公開日:  更新日:

 巨人が26日のドラフト会議で社会人ナンバーワン捕手、大阪ガスの岸田行倫(21)の指名を検討していることが20日までに分かった。

 175センチ、78キロ。報徳学園(兵庫)では正遊撃手だったが、2年秋から捕手、最速145キロの抑え投手も務めた。2度のセンバツ出場に貢献。3年時には高校日本代表にも選出された。

 大阪ガスでは1年目の秋に正捕手に。盗塁阻止率5割を超える強肩、強打の高卒3年目の捕手なのだ。パ・リーグ某球団の編成担当者がこう言った。

「今年のドラフトは捕手不足。広陵高の中村は広島が1位指名を公言していて、他の球団は行きにくい状況になっている。残りのめぼしい上位候補は、九州学院高の村上くらい。岸田は密かに注目を集める存在です」

 巨人の捕手は隠れ補強ポイントでもある。さるチーム関係者がこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る