由伸先輩にあと2本 慶大・岩見は打撃だけなら“ドラ1級”

公開日: 更新日:

「打つ方はドラフト候補の中でもトップクラスでしょう」

 在京球団のスカウトがこう言った。

 17日、慶大の岩見雅紀左翼手(4年=比叡山)が、立大戦でシーズン最多タイの7号、通算最多記録である先輩の高橋由伸(現巨人監督)の23本にあと2本と迫る21号を放ったことに関してだ。

 187センチ、107キロ。巨体を生かしたパワーは去る8日にリーグ史上初の5戦連続本塁打をマークしたことなどで実証済みだが、岩見の長所は腕っぷしの強さに限らないという。

「2年生くらいまではワンバウンドする変化球を平気で空振りしていたのに、低めのボール球にバットが止まるようになった。打つポイントを体に近づけることで、球の見極めがよくなった。ポイントを近くした分、内角速球に詰まる傾向はあるものの、甘く入った速球や変化球はスタンドに持っていけますからね。内角速球への対応は、プロの投手の速球に慣れることで克服できるとみています」(前出のスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る