スター軍団束ねワールド先勝 ドジャース日系監督の手腕

公開日:

 ワールドシリーズが24日(日本時間25日)、ロサンゼルスで開幕。サイ・ヤング賞左腕同士の投げ合いは、ドジャース・カーショウが7回3安打1失点と好投。打線は相手先発カイクルから2本塁打を放って攻略した。

 ドジャースを29年ぶりのリーグ優勝に導いたのは、日本人の母を持ち、沖縄生まれのデーブ・ロバーツ監督(45)だ。昨季は就任1年目で地区優勝を果たし、最優秀監督賞を受賞。今季は開幕から地区首位を独走し、リーグトップの104勝をマークした。

 40代のロバーツ監督は選手と年齢的に近いことから、日頃は指揮官というよりも兄貴分的な存在だ。普段は、監督室にこもらずに、自らクラブハウスに足を運んで選手との対話を心がけている。ベテラン、若手を問わず、積極的にコミュニケーションを図り、選手のコンディション把握に努めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る