スター軍団束ねワールド先勝 ドジャース日系監督の手腕

公開日: 更新日:

 ワールドシリーズが24日(日本時間25日)、ロサンゼルスで開幕。サイ・ヤング賞左腕同士の投げ合いは、ドジャース・カーショウが7回3安打1失点と好投。打線は相手先発カイクルから2本塁打を放って攻略した。

 ドジャースを29年ぶりのリーグ優勝に導いたのは、日本人の母を持ち、沖縄生まれのデーブ・ロバーツ監督(45)だ。昨季は就任1年目で地区優勝を果たし、最優秀監督賞を受賞。今季は開幕から地区首位を独走し、リーグトップの104勝をマークした。

 40代のロバーツ監督は選手と年齢的に近いことから、日頃は指揮官というよりも兄貴分的な存在だ。普段は、監督室にこもらずに、自らクラブハウスに足を運んで選手との対話を心がけている。ベテラン、若手を問わず、積極的にコミュニケーションを図り、選手のコンディション把握に努めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  9. 9

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る