スター軍団束ねワールド先勝 ドジャース日系監督の手腕

公開日: 更新日:

 ワールドシリーズが24日(日本時間25日)、ロサンゼルスで開幕。サイ・ヤング賞左腕同士の投げ合いは、ドジャース・カーショウが7回3安打1失点と好投。打線は相手先発カイクルから2本塁打を放って攻略した。

 ドジャースを29年ぶりのリーグ優勝に導いたのは、日本人の母を持ち、沖縄生まれのデーブ・ロバーツ監督(45)だ。昨季は就任1年目で地区優勝を果たし、最優秀監督賞を受賞。今季は開幕から地区首位を独走し、リーグトップの104勝をマークした。

 40代のロバーツ監督は選手と年齢的に近いことから、日頃は指揮官というよりも兄貴分的な存在だ。普段は、監督室にこもらずに、自らクラブハウスに足を運んで選手との対話を心がけている。ベテラン、若手を問わず、積極的にコミュニケーションを図り、選手のコンディション把握に努めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  9. 9

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る