武器は三者三様 ドラフト上位で消える一芸選手3人の名前

公開日:  更新日:

■打力は清宮に追随

「今年の野手で打撃だけに特化すれば、間違いないといえるのは清宮とコイツだ」

 パのスカウトがこう言い切ったのは、九州学院高(熊本)の村上宗隆のこと。187センチ、93キロの恵まれた体。1年夏の甲子園で4番に抜擢され、同年秋から捕手に専念。1年夏以降は秀岳館の壁に阻まれ甲子園経験はないが、高校通算52本塁打を誇る長距離砲だ。前出のスカウトが言う。

「高校ビッグ3といわれる中村(広陵)、安田(履正社)よりも打者としては上。左打者である村上は、理想的なレベルスイングができる。右手のリストの使い方もうまく、インパクトでボールをさらに押し込める。スピンをかけて遠くに飛ばす能力が高い。逆方向にも強い打球を打てる。中村、安田にはないものを持っている」

 巨人の井上チーフスカウトが「阿部2世になれる素材」と言えば、楽天の長島スカウト部長は「筒香(DeNA)のようになる可能性がある」と言っている。前出のパのスカウトは「守備では中村に及ばないとはいえ、3位では取れないだろう」と言うから、2位指名もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る