巨人ドラフトの隠し玉 独立リーグ兵庫・田中は清宮級大砲

公開日:

 巨人は25日、ドラフト会議を前に東京都内の球団事務所でスカウト会議を行った。鹿取GMは1位指名が確実視される早実の清宮幸太郎(3年)について公表こそしなかったが、「クジ引き? それは高橋監督に引いてもらいたい。明日、応援しましょう」と清宮の1位指名を示唆した。

 そんな中、巨人が関西独立リーグのベースボール・ファースト・リーグ、兵庫ブルーサンダーズに所属する田中耀飛外野手(21)の下位指名を検討していることが25日までに分かった。

 英明高時代は通算18本塁打。芦屋大に在籍中の異色の独立リーガーだ。

■スカウトの助言で外野転向

 一躍、名前を上げたのが、リーグ選抜の一員として出場した7月の巨人三軍戦。この試合で2本塁打を含む4安打6打点と大暴れしたのだ。パ・リーグ球団のスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る