巨人ドラフトの隠し玉 独立リーグ兵庫・田中は清宮級大砲

公開日: 更新日:

 巨人は25日、ドラフト会議を前に東京都内の球団事務所でスカウト会議を行った。鹿取GMは1位指名が確実視される早実の清宮幸太郎(3年)について公表こそしなかったが、「クジ引き? それは高橋監督に引いてもらいたい。明日、応援しましょう」と清宮の1位指名を示唆した。

 そんな中、巨人が関西独立リーグのベースボール・ファースト・リーグ、兵庫ブルーサンダーズに所属する田中耀飛外野手(21)の下位指名を検討していることが25日までに分かった。

 英明高時代は通算18本塁打。芦屋大に在籍中の異色の独立リーガーだ。

■スカウトの助言で外野転向

 一躍、名前を上げたのが、リーグ選抜の一員として出場した7月の巨人三軍戦。この試合で2本塁打を含む4安打6打点と大暴れしたのだ。パ・リーグ球団のスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る