巨人ドラフトの隠し玉 独立リーグ兵庫・田中は清宮級大砲

公開日: 更新日:

 巨人は25日、ドラフト会議を前に東京都内の球団事務所でスカウト会議を行った。鹿取GMは1位指名が確実視される早実の清宮幸太郎(3年)について公表こそしなかったが、「クジ引き? それは高橋監督に引いてもらいたい。明日、応援しましょう」と清宮の1位指名を示唆した。

 そんな中、巨人が関西独立リーグのベースボール・ファースト・リーグ、兵庫ブルーサンダーズに所属する田中耀飛外野手(21)の下位指名を検討していることが25日までに分かった。

 英明高時代は通算18本塁打。芦屋大に在籍中の異色の独立リーガーだ。

■スカウトの助言で外野転向

 一躍、名前を上げたのが、リーグ選抜の一員として出場した7月の巨人三軍戦。この試合で2本塁打を含む4安打6打点と大暴れしたのだ。パ・リーグ球団のスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  10. 10

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る