「他球団ならクビ」 ヤ軍は監督退任よりもGM解任が先決だ

公開日: 更新日:

 田中将大(28)のボスがクビになった。

 ヤンキースは26日(日本時間27日)、今季が4年契約の最終年だったジョー・ジラルディ監督(53)の退任を発表。表向きは契約満了だが、要するに解任である。

 ジラルディ監督は08年からチームを率い、世界一1回、地区優勝3回。球団で歴代6位となる通算910勝(710敗)をマークした。リーグ優勝決定シリーズ敗退後、オーナーと来季の構想について会談したというキャッシュマンGMは「熟慮を重ねた結果、別の監督を探すことになった」と声明を発表した。

 一部の地元メディアによれば、ここ数年は監督とGMの確執がささやかれていた。今季、ワールドシリーズ進出を逃したことでジラルディ監督と契約延長しない方針を決めたという。

 次期監督候補には、レッドソックス監督を解任されたジョン・ファレル(55)、日本ハムやロイヤルズを指揮したトレイ・ヒルマン(54)らの名前が挙がっている。来季は新監督のもと、09年以来の世界一を目指すが、ヤンキースは監督の首をすげ替えるより先に、チームづくりの責任者であるキャッシュマンGMを解任すべきではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る