「他球団ならクビ」 ヤ軍は監督退任よりもGM解任が先決だ

公開日: 更新日:

 田中将大(28)のボスがクビになった。

 ヤンキースは26日(日本時間27日)、今季が4年契約の最終年だったジョー・ジラルディ監督(53)の退任を発表。表向きは契約満了だが、要するに解任である。

 ジラルディ監督は08年からチームを率い、世界一1回、地区優勝3回。球団で歴代6位となる通算910勝(710敗)をマークした。リーグ優勝決定シリーズ敗退後、オーナーと来季の構想について会談したというキャッシュマンGMは「熟慮を重ねた結果、別の監督を探すことになった」と声明を発表した。

 一部の地元メディアによれば、ここ数年は監督とGMの確執がささやかれていた。今季、ワールドシリーズ進出を逃したことでジラルディ監督と契約延長しない方針を決めたという。

 次期監督候補には、レッドソックス監督を解任されたジョン・ファレル(55)、日本ハムやロイヤルズを指揮したトレイ・ヒルマン(54)らの名前が挙がっている。来季は新監督のもと、09年以来の世界一を目指すが、ヤンキースは監督の首をすげ替えるより先に、チームづくりの責任者であるキャッシュマンGMを解任すべきではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る