最終戦ならソフトB警戒 DeNAは浜口が中3日先発で総力戦

公開日: 更新日:

 3連敗の崖っぷちから息を吹き返したDeNAが、「下克上を果たすとしたら、打つ手はこれしかない」とOBが口を揃えるのは、最終戦でのルーキー浜口遥大(22)の先発起用である。

「無論、4日の第6戦を取るのが前提だが、最終戦までもつれれば、疲労だなんだと言っていられない。ソフトが最もイヤがっている投手が浜口であることは間違いないんだから」(横浜OB)

 浜口は1日の第4戦に先発し、7回3分の2を零封。八回1死までソフトバンク強力打線をノーヒットに抑え、チームにシリーズ初勝利をもたらした。一方で、その日に119球を投げた浜口を中3日で先発させるのは余りに無謀、という声もチーム内にはある。

 が、アストロズの初優勝で幕を閉じたメジャーのワールドシリーズの第7戦では、第5戦に先発して94球を投げたドジャースのカーショーが中2日でリリーフ登板。4回43球を投げて無失点と好投した。アストロズのバーランダーも第6戦の先発で93球を投げたにもかかわらず、ブルペンでリリーフ待機。連投辞さずの構えだった。日本以上に酷使にナーバスなメジャーですら、最後の大一番は根性、気力の総力戦に打って出る。

 13年の日本シリーズでは、第6戦に先発して160球の完投勝利を挙げた楽天田中将大(現ヤンキース)が、翌日の第7戦にリリーフ登板した例がある。「浜口先発」は相手も警戒している一手だけに、ラミレス監督の頭にあることだけは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る