最終戦ならソフトB警戒 DeNAは浜口が中3日先発で総力戦

公開日:  更新日:

 3連敗の崖っぷちから息を吹き返したDeNAが、「下克上を果たすとしたら、打つ手はこれしかない」とOBが口を揃えるのは、最終戦でのルーキー浜口遥大(22)の先発起用である。

「無論、4日の第6戦を取るのが前提だが、最終戦までもつれれば、疲労だなんだと言っていられない。ソフトが最もイヤがっている投手が浜口であることは間違いないんだから」(横浜OB)

 浜口は1日の第4戦に先発し、7回3分の2を零封。八回1死までソフトバンク強力打線をノーヒットに抑え、チームにシリーズ初勝利をもたらした。一方で、その日に119球を投げた浜口を中3日で先発させるのは余りに無謀、という声もチーム内にはある。

 が、アストロズの初優勝で幕を閉じたメジャーのワールドシリーズの第7戦では、第5戦に先発して94球を投げたドジャースのカーショーが中2日でリリーフ登板。4回43球を投げて無失点と好投した。アストロズのバーランダーも第6戦の先発で93球を投げたにもかかわらず、ブルペンでリリーフ待機。連投辞さずの構えだった。日本以上に酷使にナーバスなメジャーですら、最後の大一番は根性、気力の総力戦に打って出る。

 13年の日本シリーズでは、第6戦に先発して160球の完投勝利を挙げた楽天の田中将大(現ヤンキース)が、翌日の第7戦にリリーフ登板した例がある。「浜口先発」は相手も警戒している一手だけに、ラミレス監督の頭にあることだけは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る