最終戦ならソフトB警戒 DeNAは浜口が中3日先発で総力戦

公開日:  更新日:

 3連敗の崖っぷちから息を吹き返したDeNAが、「下克上を果たすとしたら、打つ手はこれしかない」とOBが口を揃えるのは、最終戦でのルーキー浜口遥大(22)の先発起用である。

「無論、4日の第6戦を取るのが前提だが、最終戦までもつれれば、疲労だなんだと言っていられない。ソフトが最もイヤがっている投手が浜口であることは間違いないんだから」(横浜OB)

 浜口は1日の第4戦に先発し、7回3分の2を零封。八回1死までソフトバンク強力打線をノーヒットに抑え、チームにシリーズ初勝利をもたらした。一方で、その日に119球を投げた浜口を中3日で先発させるのは余りに無謀、という声もチーム内にはある。

 が、アストロズの初優勝で幕を閉じたメジャーのワールドシリーズの第7戦では、第5戦に先発して94球を投げたドジャースのカーショーが中2日でリリーフ登板。4回43球を投げて無失点と好投した。アストロズのバーランダーも第6戦の先発で93球を投げたにもかかわらず、ブルペンでリリーフ待機。連投辞さずの構えだった。日本以上に酷使にナーバスなメジャーですら、最後の大一番は根性、気力の総力戦に打って出る。

 13年の日本シリーズでは、第6戦に先発して160球の完投勝利を挙げた楽天の田中将大(現ヤンキース)が、翌日の第7戦にリリーフ登板した例がある。「浜口先発」は相手も警戒している一手だけに、ラミレス監督の頭にあることだけは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る