DeNAオーナーが投資明言も…選手の本音は“補強より年俸”

公開日:

 7日、ラミレス監督(43)がDeNA本社を訪れ、南場智子オーナーにシーズン終了の報告を行った。チームはレギュラーシーズン3位からクライマックスシリーズ(CS)を突破し、19年ぶりに日本シリーズへ進出。3連敗からの2連勝とポストシーズンを大いに盛り上げた。

 南場オーナーは「素晴らしい戦いを見せてくれた」と上機嫌。チームの躍進はもちろん、今季主催71試合の観客動員数が昨季を約4万人上回る“大入り”状態が続いたからだろう。客席稼働率は96%を超え、球団史上最多の197万9446人を動員。さらに、横浜スタジアムでCSや日本シリーズのパブリックビューイングを行ったことで、グッズや飲食の収入が上乗せされた。

 こうなれば、今オフは財布のヒモも緩む。補強について聞かれた南場オーナーは「事業規模も大きくなっている。それに見合う投資をしていきたい」と明言。DeNAはFAで西武・野上、すでに権利行使を決めた阪神・大和を調査するなど、日本シリーズで弱点が露呈した投手力と守備力の強化に乗り出すとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る