両球団経験の通訳証言 ソフトBとベイに資金以外の“格差”

公開日: 更新日:

 DeNAに連敗したが、王手をかけて地元・福岡に戻るソフトバンクの優位は動かないだろう。

 ソフトの強さを裏付けるのは潤沢な資金にある。チーム総年俸は12球団トップの42億800万円。最も高給取りのサファテ(36)は5億円だ。

 一方、DeNAは15億8622万円で6年連続最下位。その差は約27億円もある。日本シリーズまで勝ち上がってきただけでも立派だ。

「金満球団」といわれるソフトだが、カネをばらまくだけではないようだ。2010年に楽天、11~13年にDeNAで通訳を務め、14年からソフトバンクに移籍して現在はデスパイネ(31)を担当する青木レオナルド通訳がこう話す。

「現場の選手やスタッフが快適にプレーできる環境づくりを最優先してくれる球団です。選手の家族に対するフォローやサービスが行き届いている。それはお金の面もあるかもしれないけど、選手の要望に対して何とかしてあげようという姿勢の問題でもある。これはチームの方針でもあって、どれだけ難しい要求でも『無理』とは言わずに最大限の努力をしてくれる。この姿勢はどこの球団よりも素晴らしい。DeNAでは、突っぱねられることもありましたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る