両球団経験の通訳証言 ソフトBとベイに資金以外の“格差”

公開日:  更新日:

 DeNAに連敗したが、王手をかけて地元・福岡に戻るソフトバンクの優位は動かないだろう。

 ソフトの強さを裏付けるのは潤沢な資金にある。チーム総年俸は12球団トップの42億800万円。最も高給取りのサファテ(36)は5億円だ。

 一方、DeNAは15億8622万円で6年連続最下位。その差は約27億円もある。日本シリーズまで勝ち上がってきただけでも立派だ。

「金満球団」といわれるソフトだが、カネをばらまくだけではないようだ。2010年に楽天、11~13年にDeNAで通訳を務め、14年からソフトバンクに移籍して現在はデスパイネ(31)を担当する青木レオナルド通訳がこう話す。

「現場の選手やスタッフが快適にプレーできる環境づくりを最優先してくれる球団です。選手の家族に対するフォローやサービスが行き届いている。それはお金の面もあるかもしれないけど、選手の要望に対して何とかしてあげようという姿勢の問題でもある。これはチームの方針でもあって、どれだけ難しい要求でも『無理』とは言わずに最大限の努力をしてくれる。この姿勢はどこの球団よりも素晴らしい。DeNAでは、突っぱねられることもありましたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る