2場所ぶり復帰 ケガ明けの稀勢の里に「優勝狙い」は禁物

公開日: 更新日:

 12日に初日を迎える大相撲11月場所。注目は7月場所以来の土俵復帰となる、横綱稀勢の里(31)だろう。

 3月場所で左上腕と左胸を痛めると、その後は左足首を故障するなど踏んだり蹴ったり。5、7月場所を途中休場すると、9月場所は全休。すっかり存在感を失った。

 そんな横綱は去る9日に11月場所の出場を明言。秋巡業では若手の成長株、朝乃山と三番稽古を行うなど、精力的に動いている。6日の二所ノ関一門の連合稽古では、嘉風を圧倒。左からのおっつけの威力も十分とあって、4カ月前に横綱を翻弄した嘉風を「あの時とは圧力が違う」とうならせたほどだ。

 しかし、好事魔多しとも言う。ある親方は「九州場所は優勝を意識しないことです」と話す。

「以前から『ノミの心臓』と言われていた稀勢の里だが、横綱に昇進してからもそれは変わっていない。ケガ明けということもあり、本人も『横綱の責任を果たさなくては』と意気込んでいるが、焦るともろい力士ですからね。無理に優勝を意識すれば余計に硬くなり、さらなるケガにもつながりかねない。ここは久々の土俵と割り切って、一日一番、15日間を無事に乗り切ることだけを考えるべきです」

 幸い、白鵬日馬富士の2横綱は出場する。綱の責任は彼らに任せ、自分の相撲だけに集中した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る