• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2場所ぶり復帰 ケガ明けの稀勢の里に「優勝狙い」は禁物

 12日に初日を迎える大相撲11月場所。注目は7月場所以来の土俵復帰となる、横綱稀勢の里(31)だろう。

 3月場所で左上腕と左胸を痛めると、その後は左足首を故障するなど踏んだり蹴ったり。5、7月場所を途中休場すると、9月場所は全休。すっかり存在感を失った。

 そんな横綱は去る9日に11月場所の出場を明言。秋巡業では若手の成長株、朝乃山と三番稽古を行うなど、精力的に動いている。6日の二所ノ関一門の連合稽古では、嘉風を圧倒。左からのおっつけの威力も十分とあって、4カ月前に横綱を翻弄した嘉風を「あの時とは圧力が違う」とうならせたほどだ。

 しかし、好事魔多しとも言う。ある親方は「九州場所は優勝を意識しないことです」と話す。

「以前から『ノミの心臓』と言われていた稀勢の里だが、横綱に昇進してからもそれは変わっていない。ケガ明けということもあり、本人も『横綱の責任を果たさなくては』と意気込んでいるが、焦るともろい力士ですからね。無理に優勝を意識すれば余計に硬くなり、さらなるケガにもつながりかねない。ここは久々の土俵と割り切って、一日一番、15日間を無事に乗り切ることだけを考えるべきです」

 幸い、白鵬、日馬富士の2横綱は出場する。綱の責任は彼らに任せ、自分の相撲だけに集中した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る