2場所ぶり復帰 ケガ明けの稀勢の里に「優勝狙い」は禁物

公開日:

 12日に初日を迎える大相撲11月場所。注目は7月場所以来の土俵復帰となる、横綱稀勢の里(31)だろう。

 3月場所で左上腕と左胸を痛めると、その後は左足首を故障するなど踏んだり蹴ったり。5、7月場所を途中休場すると、9月場所は全休。すっかり存在感を失った。

 そんな横綱は去る9日に11月場所の出場を明言。秋巡業では若手の成長株、朝乃山と三番稽古を行うなど、精力的に動いている。6日の二所ノ関一門の連合稽古では、嘉風を圧倒。左からのおっつけの威力も十分とあって、4カ月前に横綱を翻弄した嘉風を「あの時とは圧力が違う」とうならせたほどだ。

 しかし、好事魔多しとも言う。ある親方は「九州場所は優勝を意識しないことです」と話す。

「以前から『ノミの心臓』と言われていた稀勢の里だが、横綱に昇進してからもそれは変わっていない。ケガ明けということもあり、本人も『横綱の責任を果たさなくては』と意気込んでいるが、焦るともろい力士ですからね。無理に優勝を意識すれば余計に硬くなり、さらなるケガにもつながりかねない。ここは久々の土俵と割り切って、一日一番、15日間を無事に乗り切ることだけを考えるべきです」

 幸い、白鵬、日馬富士の2横綱は出場する。綱の責任は彼らに任せ、自分の相撲だけに集中した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る