ラモス氏が代表へゲキ「ベルギー戦は死ぬ気でプレーを」

公開日:

 13日のロシアW杯オフィシャルスポンサー「ハイセンス」記者発表のゲストに招かれた元日本代表「背番号10」のラモス瑠偉氏(60)から欧州遠征中のハリル日本代表への熱いメッセージ――。

 ◇  ◇  ◇

 相手はブラジル。王国ブラジルだよ。もっとキックオフと同時に飛ばさないと! 一生懸命にプレーしていたかも知れない。でも、一生懸命というのは中学生レベル。プロとして一生懸命は当たり前。それこそ死ぬ気でプレーしないでどうすんの。ボクには決意が伝わってこなかったよ。次のW杯はオレがプレーする!っていう決意が。

 生きている間にビッグチャンスに巡り合うなんて、そう何回もあるモンじゃない。ハリルさんが本田、岡崎、香川を休ませ、若手にとっては大きなチャンスだったが、体も心も最高の準備をしないとチャンスをモノにすることはできない。彼らは、チャンスの認識があったのだろうか? 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る