ラモス氏が代表へゲキ「ベルギー戦は死ぬ気でプレーを」

公開日: 更新日:

■負けたら船で帰国して

 どうすれば日本代表が強くなるかって? 

 ワタシを総監督にして背番号10を兼任させればいい。今の代表には、中盤にゲームを組み立てる選手がいない。これが日本代表の泣きどころ。

 スペインの柴崎(ヘタフェ)に期待してんだけど、ケガがねぇ……(左足骨折で戦線離脱中)。

 ベルギー戦(日本時間15日早朝)の先発をラモスが選んでいいのなら――。まずテストをしながら国際経験を積ませたいね。1トップは杉本(C大阪)。そして左にヘルタの原口、右にはゲンクの久保だね。

 中盤は“逆三角形”にする。山口(C大阪)と井手口(G大阪)をボランチにして長谷部(フランクフルト)をアンカー(中盤の底)に置く。


 4DFは左の長友(インテル)を休ませて槙野(浦和)。右はブラジル戦で好パフォーマンスを見せた酒井宏(マルセイユ)。CBはブラジル戦に先発出場したサウサンプトンの吉田と槙野じゃない。昌子(鹿島)と三浦(G大阪)を試したいね。岐阜監督時代、対戦相手に三浦がいた。ビックリした。うまくてクレバー。ボールもつなげるし、体もあって空中戦も強い。見てみたいね。

 選手たちの覚悟をベルギー戦で確かめさせてもらう。もしブラジル戦のようなプレーに終始したら……。彼らには船で帰国しなさいと言う。飛行機はダメ。船で長旅しながら深く、深く反省する時間を与えないとね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る