ロッテのドラ1安田尚憲を開花させた兄の背中と父の金言

公開日:

 生まれたときから「ビッグ」だった。

 安田尚憲(内野手・18歳・履正社高)は4300グラムという特大サイズで安田家の次男として誕生した。「スポーツ一家」の大黒柱である父の功さん(56)は陸上界では知られた存在だ。春日丘高校、立命館大学では陸上部に所属し、短距離選手として活躍。大学卒業後は吹田市立第六中学校で社会科教諭として教壇に立ちながら、陸上部の顧問も務めた。中学生を23年間教えた後の07年、大阪薫英女学院高校に赴任。駅伝部の監督に就任すると、自主性を重んじたコーチングで、14、16年の全国高校女子駅伝大会でチームを優勝に導いた。

 母の多香子さん(54)も高校時代にやり投げで近畿高校総体優勝、国体出場の経験を持つアスリート。現在は「趣味は子育て」というほど育児に専念し、自宅通いだった尚憲の食事面をサポートしてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る