• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッテのドラ1安田尚憲を開花させた兄の背中と父の金言

 生まれたときから「ビッグ」だった。

 安田尚憲(内野手・18歳・履正社高)は4300グラムという特大サイズで安田家の次男として誕生した。「スポーツ一家」の大黒柱である父の功さん(56)は陸上界では知られた存在だ。春日丘高校、立命館大学では陸上部に所属し、短距離選手として活躍。大学卒業後は吹田市立第六中学校で社会科教諭として教壇に立ちながら、陸上部の顧問も務めた。中学生を23年間教えた後の07年、大阪薫英女学院高校に赴任。駅伝部の監督に就任すると、自主性を重んじたコーチングで、14、16年の全国高校女子駅伝大会でチームを優勝に導いた。

 母の多香子さん(54)も高校時代にやり投げで近畿高校総体優勝、国体出場の経験を持つアスリート。現在は「趣味は子育て」というほど育児に専念し、自宅通いだった尚憲の食事面をサポートしてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る