競泳W杯は2日で11万円 池江が海外選手から学ぶ“稼ぎ方”

公開日: 更新日:

「ギャラ」は1本3万円ちょっとだった。

 15日、競泳W杯第7戦の東京大会最終日で、池江璃花子(17)が100メートルバタフライ、100メートル個人メドレーで共に2位。前日、3位ながら日本新を出した50メートルバタフライ(25秒14)に続き、3度目の表彰台となった。

 W杯は賞金レース。いまだに競技がカネにつながりにくい日本の競泳選手にとっては、貴重な「資金源」で、世界中からもトップスイマーが賞金稼ぎにやってくる。

 今回の東京大会は1位10万円、2位5万円、3位1万円の賞金がもらえる。MVPに選ばれれば1人100万円。池江は2日間で11万円をゲットしたことになる。

 海外での賞金はもっと羽振りがよく、優勝が1500ドル(約17万円)、2位1000ドル、3位500ドル。各種目6位まで賞金が出る大会もある。さらに、男女別にタイムに基づいたポイントでランキングを算出。トップの選手には5万ドル(約560万円)、2位には3万5000ドル、3位に3万ドルと続き、8位まで賞金が出る。W杯8戦通算のポイントランキングでトップの選手には10万ドル(約1130万円)が贈呈されるという仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  7. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  8. 8

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る