競泳W杯は2日で11万円 池江が海外選手から学ぶ“稼ぎ方”

公開日: 更新日:

「ギャラ」は1本3万円ちょっとだった。

 15日、競泳W杯第7戦の東京大会最終日で、池江璃花子(17)が100メートルバタフライ、100メートル個人メドレーで共に2位。前日、3位ながら日本新を出した50メートルバタフライ(25秒14)に続き、3度目の表彰台となった。

 W杯は賞金レース。いまだに競技がカネにつながりにくい日本の競泳選手にとっては、貴重な「資金源」で、世界中からもトップスイマーが賞金稼ぎにやってくる。

 今回の東京大会は1位10万円、2位5万円、3位1万円の賞金がもらえる。MVPに選ばれれば1人100万円。池江は2日間で11万円をゲットしたことになる。

 海外での賞金はもっと羽振りがよく、優勝が1500ドル(約17万円)、2位1000ドル、3位500ドル。各種目6位まで賞金が出る大会もある。さらに、男女別にタイムに基づいたポイントでランキングを算出。トップの選手には5万ドル(約560万円)、2位には3万5000ドル、3位に3万ドルと続き、8位まで賞金が出る。W杯8戦通算のポイントランキングでトップの選手には10万ドル(約1130万円)が贈呈されるという仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    "残念"な性格を知っているからこそ松坂桃李は挑み続ける

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る