世界水泳7種目でメダルなし 池江璃花子に“足りないもの”

公開日:

 世界選手権で11年上海大会以来、3大会ぶりの金メダルなしに終わった競泳の日本代表が1日、遠征先のブダペストから帰国した。

 今大会は男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(25)が銀、渡辺一平(20)が銅と日本勢では史上初のダブル表彰台に立ったが、期待された萩野公介(22)、瀬戸大也(23)のエース格2人は金メダルを逃した。女子では200メートル個人メドレーで初出場の大橋悠依(21)が銀メダルを獲得したものの、エースの池江璃花子(17)は個人種目の自由形、バタフライ(ともに50、100メートル)の計4種目に出場しながら、表彰台にすら立てなかった。

 池江は大会終了後に「実力不足。世界の壁は厚かった。まだまだだなと思った」と話し、さらなるレベルアップを誓っている。

 今大会の池江はリレーも含めて計7種目に出場した。個人種目では自己ベスト更新を目指して予選からほぼ全力で泳いだ結果、最後はスタミナ切れで尻すぼみ。100メートルバタフライは準決勝で自身の持つ日本記録(56秒86)に迫る56秒87をマークして2位で決勝進出。メダル取りに弾みを付けながら、決勝は57秒08とタイムを落として6位に終わった。余力を残して決勝に臨めなかったのが響いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る