世界水泳7種目でメダルなし 池江璃花子に“足りないもの”

公開日:

 世界選手権で11年上海大会以来、3大会ぶりの金メダルなしに終わった競泳の日本代表が1日、遠征先のブダペストから帰国した。

 今大会は男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(25)が銀、渡辺一平(20)が銅と日本勢では史上初のダブル表彰台に立ったが、期待された萩野公介(22)、瀬戸大也(23)のエース格2人は金メダルを逃した。女子では200メートル個人メドレーで初出場の大橋悠依(21)が銀メダルを獲得したものの、エースの池江璃花子(17)は個人種目の自由形、バタフライ(ともに50、100メートル)の計4種目に出場しながら、表彰台にすら立てなかった。

 池江は大会終了後に「実力不足。世界の壁は厚かった。まだまだだなと思った」と話し、さらなるレベルアップを誓っている。

 今大会の池江はリレーも含めて計7種目に出場した。個人種目では自己ベスト更新を目指して予選からほぼ全力で泳いだ結果、最後はスタミナ切れで尻すぼみ。100メートルバタフライは準決勝で自身の持つ日本記録(56秒86)に迫る56秒87をマークして2位で決勝進出。メダル取りに弾みを付けながら、決勝は57秒08とタイムを落として6位に終わった。余力を残して決勝に臨めなかったのが響いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る