世界水泳7種目でメダルなし 池江璃花子に“足りないもの”

公開日: 更新日:

 世界選手権で11年上海大会以来、3大会ぶりの金メダルなしに終わった競泳の日本代表が1日、遠征先のブダペストから帰国した。

 今大会は男子200メートル平泳ぎで小関也朱篤(25)が銀、渡辺一平(20)が銅と日本勢では史上初のダブル表彰台に立ったが、期待された萩野公介(22)、瀬戸大也(23)のエース格2人は金メダルを逃した。女子では200メートル個人メドレーで初出場の大橋悠依(21)が銀メダルを獲得したものの、エースの池江璃花子(17)は個人種目の自由形、バタフライ(ともに50、100メートル)の計4種目に出場しながら、表彰台にすら立てなかった。

 池江は大会終了後に「実力不足。世界の壁は厚かった。まだまだだなと思った」と話し、さらなるレベルアップを誓っている。

 今大会の池江はリレーも含めて計7種目に出場した。個人種目では自己ベスト更新を目指して予選からほぼ全力で泳いだ結果、最後はスタミナ切れで尻すぼみ。100メートルバタフライは準決勝で自身の持つ日本記録(56秒86)に迫る56秒87をマークして2位で決勝進出。メダル取りに弾みを付けながら、決勝は57秒08とタイムを落として6位に終わった。余力を残して決勝に臨めなかったのが響いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る