• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日・京田をセ新人王に育て上げた“仏と鬼”2人のコーチ

 手塩にかけて育てられた。

 20日、中日の京田陽太(23)がセの新人王に選ばれた。中日の新人王は川上憲伸以来、19年ぶりだ。

 京田は開幕から先発出場を続け、5月に遊撃のレギュラーに定着。141試合に出場し、長嶋茂雄(153安打)に迫るセの新人史上2位の149安打をマークした。

 壇上で「僕が一番びっくりしています」と笑った京田は、春季キャンプから森脇、奈良原両コーチから守備走塁を叩き込まれてきた。2人の指導法は対照的で、森脇コーチが「仏」なら、奈良原コーチは「鬼」。厳しく接してきた奈良原コーチはこう言う。

「まだセンスで野球をやっている部分がある。ワンヒットで済む当たりを感覚だけで守ることで状況判断を誤り、ツーベースやそれ以上になることもあるので、ボールへの体の入れ方、グラブの持ち方など、まだまだやることはたくさんある。ただ、守備は経験。とにかく試合に多く出場して、内野の景色を見続けることが大事。それが必ず生きてくる」

 来季の目標を「フル出場」と語った新人王。今季はリーグワースト2位の14失策だった。この数字を減らし、「鬼」を笑顔にすることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事