中日・京田をセ新人王に育て上げた“仏と鬼”2人のコーチ

公開日: 更新日:

 手塩にかけて育てられた。

 20日、中日京田陽太(23)がセの新人王に選ばれた。中日の新人王は川上憲伸以来、19年ぶりだ。

 京田は開幕から先発出場を続け、5月に遊撃のレギュラーに定着。141試合に出場し、長嶋茂雄(153安打)に迫るセの新人史上2位の149安打をマークした。

 壇上で「僕が一番びっくりしています」と笑った京田は、春季キャンプから森脇、奈良原両コーチから守備走塁を叩き込まれてきた。2人の指導法は対照的で、森脇コーチが「仏」なら、奈良原コーチは「鬼」。厳しく接してきた奈良原コーチはこう言う。

「まだセンスで野球をやっている部分がある。ワンヒットで済む当たりを感覚だけで守ることで状況判断を誤り、ツーベースやそれ以上になることもあるので、ボールへの体の入れ方、グラブの持ち方など、まだまだやることはたくさんある。ただ、守備は経験。とにかく試合に多く出場して、内野の景色を見続けることが大事。それが必ず生きてくる」

 来季の目標を「フル出場」と語った新人王。今季はリーグワースト2位の14失策だった。この数字を減らし、「鬼」を笑顔にすることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る